ナビゲーションにスキップ コンテンツにスキップ Skip to navigation Skip to content

Ready | 翻訳ポータル | English
ホームキットを準備するプランを作成する情報を得る

万一に備え考えておくべきこと...

あなたのペットの獣医と、非常時救急箱に入れておくべき物の種類について話し合いましょう。

ハリケーン

ハリケーンは激しい熱帯暴風雨であり、大西洋南部、カリブ海、メキシコ湾、太平洋東部の海上で発生します。ハリケーンに襲われやすい地域に住む住人は、ハ リケーンによる被害を受けやすいこと、またこれらの壊滅的な暴風雨による影響を軽減するためにはどのような対策が必要か理解していることが重要になりま す。 このページに掲載されている情報は、職場、家庭、移動中、または水上にいる人たちの人命救助に活用することができます。

ステップ 1:防災用品一式や 「持ち出し用バッグ」を用意する

緊急時備品キットを用意します。この中には、保存食、水、電池式または手回し式ラジオ、予備の懐中電灯、乾電池などを入れます。 避難指示が出された場合に備えて、携帯用の防災用品一式を用意して自家用車の中に保管しておくと良いでしょう。

ステップ 2:計画を立てる

家族用の対策を立てる:家族の緊急時計画を立てます。
災害発生時には家族全員がそろっていない場合があります。そのため、緊急時の家族間の連絡方法や、待ち合わせ方法、また対応策が分かっていることが重要になります。

企業用の対策を立てる
企業は、緊急時の準備態勢に重要な役割を果たします。 災害時計画に今取り組むことにより、企業が危機を乗り超え復旧する可能性が高くなります。

  • あなたの会社がどのように機能しているかを内外的に慎重に評価し、事業運営を継続させるために必要不可欠な従業員、会社の構成要素、手順、機器を決定します。
  • 危機を乗り超えて復旧するために必要不可欠な業務を特定します。
  • あなたの会社の建物、工場、店舗へ立ち入ることができない場合に備えて計画を立てておきます。
    • 別の場所または自宅から事業を運営できるかどうか検討しておきます。
    • 事業拠点が災害により使用不可能になった場合に備えて、他企業の施設を使用できるように、他企業との関係を築いておきます。

財産を守る計画を立てる
ハリケーンは豪雨を伴い、沿岸地域や内陸部で広範囲に及ぶ洪水の被害をもたらします。被害に遭う危険は誰にもあるので、洪水保険への加入を検討する必要があります。洪水保険は、あなたの財産や事業を洪水の被害から経済的に保護する唯一の方法です。 洪水の被害に遭う危険性と、あなたとあなたの事業を守る方法に関するさらに詳しい情報は、全国洪水保険プログラム(NFIP)のホームページ www.floodsmart.gov にアクセスするか、1-800-427-2419(英語)にお問い合わせください。

保険以外に実行できる項目:

  • 家屋のすべての窓を切断済みベニヤ板やハリケーン用よろい戸で覆い強風から窓を保護します。
  • 屋外用家具、装飾品、ゴミ箱、その他固定されていないものをすべて屋内に運び込むようにします。
  • 樹木や植え込みの刈り入れを十分に行い、強風に耐えられるようにします。
  • よろい戸を閉め屋外にあるものを固定するか、または屋内に運び入れ家屋を保護します。
  • 電気・ガス・水道を指示通りに止めます。または冷蔵庫のサーモスタットを一番低い温度に設定して、扉を閉めます。
  • プロパンガス・タンクの元栓を締めます。
  • 緊急時用の発電機を設置します。
  • 車庫の扉を補強します。車庫に風が吹き込むと、車庫の構造が損傷して危険な状態になる場合があり、しかもその修理には高い費用がかかります。
  • 洗浄やトイレの洗い流しなど、衛生上の目的のための水の供給を確保します。浴槽や他の大きな容器に水を満たします。
  • www.FoodSafety.gov にアクセスして、緊急時および緊急時後の食品の安全な保管方法について学びます(英語)。

ステップ 3:情報を得る

ハリケーンによる災害: 稲妻, 竜巻, 洪水, 高潮 (英語)、 強風 (英語)、 さらに山間部では 地滑りや土砂崩れが引き起こされることがあります。 ハリケーンによって発生する災害の種類に応じた安全対策について十分に学び、それに従って家族の災害時計画を立てます。 ハリケーンの脅威に直面した際に何よりも重要なことは、常識を生かすことです。

ハリケーンの特定に使用される用語に慣れる。

  • ハリケーン警戒は、その地域にハリケーンの可能性があることを示します。避難に備えましょう。
  • 地元のラジオやテレビの報道機関をチェックしたり、米国海洋大気庁(NOAA)の天気予報ラジオを聴いて最新情報を得ます。
  • ハリケーン警報は、その地域でハリケーンが予想されるときに出されます。地方自治体から避難勧告が出されたら、直ちに従います。
  • ハリケーンは、風速、中心気圧、予想される被害の大きさによって5つに分類されます。
  • カテゴリ3以上のハリケーンは大型ハリケーンとみなされています。ただし、カテゴリ1と2のハリケーンでも大変危険であるため、十分に注意する必要があります。
サファ・シンプソン・ハリケーン・スケール
スケール番号(カテゴリ) 風速(マイル時速) 被害
1
74-95 大変危険な風によって損傷が発生:
  • 家屋の外装に軽度の損傷
  • 樹木の枝が折れ、小さな樹木が根こそぎ倒れる
  • 送電線に広範な損傷、停電
2
96-110 きわめて危険な風によって広範な損傷が発生:
  • 家屋の外装に重度の損傷
  • 小さな樹木が根こそぎ倒れ、多くの道路が通行できなくなる
  • 数日から数週間にわたる長期間の停電が確実に発生する
3
111-130 破壊的な損傷が発生:
  • 家屋の外装に重度の損傷
  • 多くの樹木が根こそぎ倒れ、多くの道路が通行できなくなる
  • 水や電力の供給がきわめて限定される
4
131-155 壊滅的な損傷が発生:
  • 家屋の屋根構造や外壁が喪失する
  • 大部分の樹木が根こそぎ倒れ、大部分の送電線が機能しなくなる
  • がれき類が積み重なって住宅が孤立する
  • 数週間から数ヶ月にわたって停電が続く
5
155を超える 壊滅的な損傷が発生:
  • 高い割合の家屋が破壊される
  • 倒れた樹木や送電線によって住宅地域が孤立する
  • 数週間から数ヶ月にわたって停電が続く
  • 大部分の地域が居住できなくなる

推奨される講習
これはコンピュータを利用した講習で、熱帯低気圧や熱帯暴風雨に対処するための、基本的な情報を得ることができます。このインタラクティブなウェブサイトを利用した講習を受けるには、 www.training.fema.gov/EMIWeb/IS/is324a.asp にアクセスして、右側のカラム上部にある、「この講習を受ける」オプションを選択します。注意: この講習は英語でしか受講できません。)

連邦政府および国立の情報提供機関
ハリケーンに備えて計画を立て準備をするための情報は、次に挙げる情報提供機関からも得ることができます。