two seniors looking at a Ready brochure and website on a laptop

高齢者

古いアジアの夫婦。それぞれ個人のニーズや能力はユニークなものですが、みなそれぞれが各自であらゆる種類の非常事態のに備え、計画を整える大切な準備をすることはできます。自分地震の個人的ニーズを評価し、避難計画をつくることで、いかなる場合にも対応するよりよい準備ができます。今日、計画をたてる決心がつけば、いかなる非常事態にも準備を整えることに役立ちます。準備を整えることは意味のあることです。今すぐ準備をしましょう。

  • 災害発生により、あなたの個人的なニーズをいかに影響を及ぼすかを考えましょう。
  • 少なくとも一定期間は、自分ひとりで計画を立てましょう。医療機関や薬局にいけなくなることが充分考えられます。
  • 毎日あなたが使う資源の種類、またそれらが限られたり入手できなければ何をすべきかを確認してください。
  • 非常時供給セットを手に入れましょう。
  • 避難しなければならないときは、できることならペットも一緒に連れて行きます。しかし、公共避難所では、動物は入居が許されないかもしれないことを理解することが重要です。
  • 前もって、あなたとあなたのペットに最適の避難方法を計画しておきましょう;あなたの隣近所の外郭で、あなたとあなたのペットを緊急避難させてくれる友人や愛する人々を考えます。
  • 連邦の補助受益者に電子支払いを薦めること。災害時の郵便配達サービスは数日、あるいは何週間も遅れることがあることを念頭に置いておきましょう。ハリケーン・カトリーナ直撃後85,000人の住民が経験したように、社会保障給付金を郵便で受け取っている人にとっては、避難したり郵便配達を失ったりすると、事態がさらに悪化することになります。電子支払いに変更することで、ごく簡単に、しかも有意義に、災害発生前に財政的に自分自身を守ることができるのです。また同時に小切手盗難の恐れも排除することになります。米国財務省が推薦する連邦恩恵の受益方法はふたつあります。:
    • 銀行口座をもっているひとにとっては小切手または預金口座に直接入金するのが最適な方法です。連邦給付金受益者は(800) 333-1795に電話し(英語)あるいは www.GoDirect.org (英語)で登録することができます。
    • The Direct Express® のプリペイドデビットカードは、銀行口座を持っていない人々のための、安全で簡単な小切手の代替方法です。登録方法は簡単 – 料金のかからない (877) 212-9991に (英語で) 電話をするか、オンラインwww.USDirectExpress.com (英語サイト)で登録できます。

    直接預金もしくはダイレクトエクスプレスカード®に登録することは簡単ですが、考えもしない事態が起こった場合に、家族が基金を入手することが問題なくできるようにする重要なステップとなります。もしあなたに近しい人が社会保障やその他の連邦給付金をいまだに小切手で受け取っていたら、今日すぐに、もっと安全でかんたんな方法に変えることをお考えになってください。

"高齢のアメリカ国民のパンフレットをダウンロードする" (PDF)準備は古いアメリカ人のために理にかなっている ビデオ埋め込みコードを取得したり、トランスクリプトをダウンロード

サポートネットワークをつくろう

  • 災害発生時にあなたが援助を必要とすることが予期されるのなら、あなたの個人的サポートネットワークの一部となってくれる家族、友人その他の人々に話をしておきましょう。
  • あなたの非常時計画を書き記し、あらゆる角度からあなたのサポートネットワーク全員と打ち合わせましょう。
  • 全員が、災害時にあなたがどのようにしてあなたの家や仕事場を避難し、どこに行くかを知っておくようにしてください。
  • あなたの家近くのネットワークで、必ず誰か一人あなたの家の鍵のスペアを持っていて、あなたが非常時供給をどこに備えているかを知っているようにしてください。
  • 非常時には、あなたの介助人が、あなたの人命にかかわる装置の扱い方を知っていて、投薬もできるように教えておきましょう。
  • あなたのネットワークに加わることを同意した人たちと、あなたの計画を演習しましょう。

追加供給と書類

医薬品と医療供給毎日のように飲まなければならないお薬や、行わなければならない治療があれば、少なくとも一週間、あるいはそれ以上、一人で必要な分量を必ず備えてください。

  • 要領、治療方法、アレルギー情報を含む処方薬のリストを作ります。
  • あなたの医師や薬剤師と、他に何を用意する必要があるかを話し合いましょう。
  • もし医院や病院で定期的に治療を受けていたり、自宅健康ケアサービスや治療・移動サービスを定期的に受けていたら、彼らの非常時計画について、サービス業者と話し合いましょう。彼らをバックアップできるサービス業者がだれなのかを話し合い、その業者も自分のサポートネットワークに加えましょう。
  • そのほか、メガネ、補聴器、補聴器用電池、車椅子の電池、酸素などの個人のニーズを考えておきましょう。

非常時書類家族記録、医療記録、遺書、譲渡証書、社会福祉番号、税金証書などの重要書類のコピーを、非常時供給セットの中に入れて起きましょう。

  • あなたの医療保険やメディケアカードのコピーを準備しておきます。
  • 医療機器や他の人命維持装置の様式やシリアルナンバーのリストを作って保管しておきましょう。作動マニュアルや情報も入れてください。
  • あなたの友人または家族がその書類のコピーを持っているようにしておいてください。
  • あなたの医療供給者とともに、サポートネットワークの人たちの名前と連絡先も含めておきましょう。
  • 言葉の伝達に不自由があれば、あなたの非常時情報に、あなたと意思の伝達をはかる最善方法を必ず記しておいてください。
  • これらの書類は防水容器に保管し、すばやく取り出せるようにしましょう。

さらに詳しい情報

さらに詳しくは、障害を持つ人々のための災害準備 出典FEMA (英語)、また赤十字 (英語)でお求めになれます。