Image of Microorganism

生物学的脅威

要約

生物学的攻撃とは、あなたを病気にさせる細菌その他の生物学的物質を故意に開放するものです。薬剤の多くは、吸入するか、皮膚の傷口から入ったりあるいは食べたりしなければ気分が悪くなることはありません。炭疽菌など、感染症を引き起こさない生物学的薬剤もあります。その他、天然痘ウイルスなどは、他の人間から感染される病気を引き起こします。生物学的脅威がある場合爆発とは違い、生物攻撃は即時にそれとわかるものもあればわからないものもあります。生物攻撃のしるしが見える場合もありますが、天然痘郵便物の場合がそうであったように、だいたいにおいて、地域の保健所従業者が尋常でない疾病パターンを報告したり、緊急に治療を求める人々の群れが押し寄せるといったことが起こります。あなたはおそらく、臨時ニュースを伝える緊急ラジオ番組やテレビ放送、またはあなたの地域社会で用いられるその他の伝達方法を通して、その危険を知ることになるでしょう。電話連絡を受けるか、非常時対応従事者があなたの家を訪問するかもしれません。生物攻撃の場合には、公共保健当局は即時にその病気が何であるかの情報を与えることはできないかもしれません。その正確な病名が何か、どのように治療すべきか、また感染の恐れがあるのはだれかを決めるのに時間がかかるからです。しかし、テレビを見たり、ラジオを聴いたり、またインターネットをチェックして以下を含む公共ニュースを得るようにすべきです。:

  • あなたは当局が危険と考えるグループや地域にはいっていますか?
  • その病気の兆候や症状は何ですか?
  • 治療薬やワクチンは配布されていますか?
  • どこで?だれがそれを得るべきでしょうか?
  • あなたが病気になった場合、どこで非常時医療を求めるべきでしょうか?

生物学的非常事態が宣告されたら

  1. 家族が病気になったら重要なことは 疑ってみることです
  2. 病院の緊急治療室へ急行しなければならないとか、どんな病気でも生物攻撃が原因だと思い込んではなりません。同じような症状が出る疾病は数多くあるのです。
  3. 常識を使い、普段から衛生に気をつけ、清潔にすることで ばい菌の蔓延を防ぎまた医療のアドバイスを求めましょう
  4. 当局が危険と信じる集団や地域に自分がいるかどうかを考えてください。
  5. あなたの症状が 詳述されている症状と一致し、また危険と考えられる集団に属していたら、即刻 非常時医療診察を受けてください。

あなたが危険にさらされた可能性があれば

  1. 医師やその他の公共保健当局の指示に従ってください。
  2. その疾病が伝染性がある場合医療診断と治療を受けるよう心がけてください。他人から離れるように、または意図的に隔離されるようにアドバイスされるかもしれません。
  3. 非感染の疾病には、医療診断と治療を受ける心構えをしてください。

近所に、普通見かけない、疑惑の物質の存在に気づいたら

  1. すぐさま遠くに離れなさい。
  2. 自分を守ってください自分の口と鼻を 空気を濾過するけれども呼吸のできる生地が重なったものでふさいでください。たとえば、Tシャツ、ハンカチ、タオルのような木綿を2,3枚などです。それがなければ、ちり紙やペーパータオルを重ねてもよいでしょう。
  3. 石鹸と水を使って洗浄してください。
  4. 管轄当局に連絡をとってください。
  5. テレビを見たり、ラジオを聴いたり、インターネットをチェックして 公表されたニュースや情報を得て、その疾病の兆候や症状、治療薬やワクチンが配布されているのか、また自分が病気になったらどこで医療診察を受けるべきなのかを調べます。
  6. 病気になったら緊急医療診察を受けてください。

生物学的脅威がある場合もし近所に実体の知れない物質の異常な疑わしい放出に気づいたら、自分を守ることを最初にして間違いはありません。そばにある物を 利用し、工夫して 自分の 鼻、口、目皮膚の切り傷を守る準備をしてください。

  • 自分の口鼻を 空気を濾過するけれども呼吸のできる生地が重なったものでふさいでください。たとえば、Tシャツ、ハンカチ、タオルのような木綿を2,3枚などです。それがなければ、ちり紙やペーパータオルを重ねてもよいでしょう。
  • 石鹸と水を使って洗浄してください。
  • 管轄当局に連絡をとります

自分の鼻と口をふさぐ。手元にあるものを使って、自分の鼻、口、目また皮膚の切り傷を守るものを作ることができるようにしていてください。自分の鼻と口を十分にかぶせることができるものは何でも、厚手の木綿製のものも含めて、非常事態において汚染物を濾過するのに役立てることができます。あなたが吸入する空気のほとんどが、そのマスクもしくは布のまわりからではなく、それを通して入ってくることが非常に大事です。マスクのサイズを子供にあわせる工夫はできることすべてを行ってください。金物屋でもいろいろなフェースマスクが販売されており、それらは産業規範によってどのように小さい粒子が濾過されるかによってランク別になっています。シンプルな布のフェースマスクで、空中の「がらくた」すなわち黴菌があなたの呼吸により体内に入るのを防ぐことはできますが、しかしおそらく化学ガスからあなたを守りはしないでしょう。それでも、非常事態において鼻と口になにかを当てることは、何も当てないよりはましです。抗生物質抗生物質は、生物兵器に関連する疾病に適切な治療である場合も多いですが、効果を持たせるにはその疾病に合致する薬剤を特定しなければなりません。たとえば、ひとつの抗生物質は炭疽菌汚染の治療に適切であったとしても、天然痘の治療には不適切です。抗生物質はすべて副作用があり、中には重篤な反応が出るものもあります。 前もって、医療保健提供者と 自分の家族のために何をすべきかについて話しておくように計画してください。常識を使う生物学的非常事態が宣告された時に、家族に病人が出たら、疑わしく思うことが大事です。しかし、病院の緊急治療室へ急行しなければならないとか、どんな病気でも生物学的攻撃が原因だと思い込んではなりません。同じような症状が出る疾病は数多くあるのです。常識を使い、普段から衛生に気をつけ、清潔にすることで黴菌の蔓延を防ぎ、また医療のアドバイスを求めましょう。

  • 健康を保ちましょう。良識ある摂食をしてください。睡眠を十分にとりなさい。
  • 常識を使い、 差し迫った危険があるかどうかを見極めましょう。
  • 石鹸と水を使って手を洗います。
  • 生物学的非常事態もしくは流行病が発生中と宣告された場合、 人の集まるところには近づかず 他の人に感染させないようにしましょう。
  • また自分が病気になったときは フェースマスクをすることで 黴菌の蔓延を防ぎ、自分の周りの人が病気になっときに、自分が感染菌に摂食しないように考える必要がある場合も出てくるでしょう。

自分を守るもし近所に実体の知れない物質の異常な疑わしい放出に気づいたら、自分を守ることを最初にして間違いはありません。そばにある物を 利用し、工夫して 自分の 鼻、口、目皮膚の切り傷を守る準備をしてください。

  • 自分の口鼻を 空気を濾過するけれども呼吸のできる生地が重なったものでふさいでください。たとえば、Tシャツ、ハンカチ、タオルのような木綿を2,3枚などです。それがなければ、ちり紙やペーパータオルを重ねてもよいでしょう。
  • 洗浄;石鹸と水を使って洗います。
  • 管轄当局に連絡をとります

自分の鼻と口をふさいでください手元にあるものを使って、自分の鼻、口、目また皮膚の切り傷を守るものを作ることができるようにしていてください。自分の鼻と口を十分にかぶせることができるものは何でも、厚手の木綿製のものも含めて、非常事態において汚染物を濾過するのに役立てることができます。あなたが吸入する空気のほとんどが、そのマスクもしくは布のまわりからではなく、それを通して入ってくることが非常に大事です。マスクのサイズを子供にあわせる工夫はできることすべてを行ってください。金物屋でもいろいろなフェースマスクが販売されており、それらは産業規範によってどのように小さい粒子が濾過されるかによってランク別になっています。シンプルな布のフェースマスクで、空中の「がらくた」すなわち黴菌があなたの呼吸により体内に入るのを防ぐことはできますが、しかしおそらく化学ガスからあなたを守りはしないでしょう。それでも、非常事態において鼻と口になにかを当てることは、何も当てないよりはましです。抗生物質抗生物質は、生物兵器に関連する疾病に適切な治療である場合も多いですが、効果を持たせるにはその疾病に合致する薬剤を特定しなければなりません。たとえば、ひとつの抗生物質は炭疽菌汚染の治療に適切であったとしても、天然痘の治療には不適切です。抗生物質はすべて副作用があり、中には重篤な反応が出るものもあります。 前もって、医療保健提供者と 自分の家族のために何をすべきかについて話しておくように計画してください。常識を使う生物学的非常事態が宣告された時に、家族に病人が出たら、疑わしく思うことが大事です。しかし、病院の緊急治療室へ急行しなければならないとか、どんな病気でも生物学的攻撃が原因だと思い込んではなりません。同じような症状が出る疾病は数多いのです。常識を使い、普段から衛生に気をつけ、清潔にすることで黴菌の蔓延を防ぎ、また医療のアドバイスを求めましょう。

  • 健康を保ちましょう。良識ある摂食をしてください。睡眠を十分にとりなさい。
  • 常識を使い、 差し迫った危険があるかどうかを見極めましょう。
  • 石鹸と水を使って手を洗います。
  • 生物学的非常事態もしくは流行病が発生中と宣告された場合、 人の集まるところには近づかず 他の人に感染させないようにしましょう。
  • また自分が病気になったときは フェースマスクをすることで 黴菌の蔓延を防ぎ、自分の周りの人が病気になっときに、自分が感染菌に摂食しないように考える必要がある場合も出てくるでしょう。

各症状と衛生各症状家族に以下のような症状を呈する者が出たら、できることなら他の者から隔離して、黴菌の蔓延を防ぐために衛生と清潔を万全にし、医療アドバイスを仰いでください。

  • 華氏100度を超える体温
  • 吐き気と嘔吐
  • 胃痛
  • 下痢
  • 顔面蒼白または赤面
  • 頭痛
  • 耳痛
  • 鼻から粘着性のあるものが出る
  • のどの痛み
  • 発疹または皮膚感染
  • 目の充血、ピンクの目
  • 食欲喪失
  • 体力低下または活動低下

衛生病人が出たら、衛生と清潔を徹底し、黴菌の蔓延を防ぐべきです。

  • 頻繁に石鹸と水を使って手を洗ってください。
  • 食物を分け合ったり、同じ食器を使わないこと。
  • 咳をしたりくしゃみが出るときは口と鼻をふさいでください。
  • 病人にはマスクをかけさせ、黴菌の蔓延を防ぐことを心がけましょう。
  • 保健に関係した情報は他の人たちにも、特に現状やどんな行動をとるべきかを理解する手助けが必要な人たちにも行きわたるような計画をたててください。