U.S. flag

An official website of the United States government

Dot gov

Official websites use .gov
A .gov website belongs to an official government organization in the United States.

Https

Secure .gov websites use HTTPS
A lock ( ) or https:// means you’ve safely connected to the .gov website. Share sensitive information only on official, secure websites.

洪水

洪水に備える

洪水時

洪水の後

関連コンテンツ

洪水とは、通常は乾いている土地に一時的に水が溢れ出すことです。アメリカで最も多い自然災害は洪水です。浸水地域からの避難を怠ったり、浸水域に入ったりすると、怪我や死亡につながる可能性があります。

洪水は:

  • 雨、雪、海岸線の暴風雨、高潮、ダムやその他の水系のオーバーフローなどが原因となる場合があります。
  • ゆっくりと、あるいは急速に発展する可能性があります。鉄砲水は何の前触れもなくやってくることがあります。
  • 停電、交通機関の乱れ、建物の損傷、土砂崩れの原因となります。

 洪水警報が発令されている場合:

Image
flood alert on mobile phone
  • すぐに安全な場所に避難してください。
  • 洪水の中を歩いたり、泳いだり、運転したりしないでください。振り返りましょう!溺れないように!
  • たった6インチの水が流れているだけで、人は倒れ、1フィートの水が流れているだけで、車は流されてしまいます。
  • 流れの速い水にかかる橋には近づかないように。
  • 浸水の種類に応じて:
    • 避難するように指示があった場合は避難してください。
    • 高台や高層階に移動しましょう。
    • または、現時点に留まりましょう。

洪水に備える

洪水のリスクを知る
FEMAのFlood Map Service Centerでは、あなたの地域の洪水リスクの種類を知ることができます。  地域の警報システムに登録しましょう。また、Emergency Alert System (EAS)National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA)のWeather Radioでも、緊急情報を提供しています。

洪水保険の購入
洪水保険を購入または更新しましょう。住宅所有者の保険は洪水をカバーしていません。保険の発効には通常30日程度かかるため、購入のタイミングは災害発生前に限られます。全米洪水保険プログラム(National Flood Insurance Program(NFIP))による洪水補償を受けましょう。

洪水に備える
洪水から身を守るために何をすべきか、どこに行くべきか、何が必要かを自分と家族が知っておくために、ペットを含めた家族のための計画を立てましょう。避難経路、シェルタープラン、鉄砲水への対応などを学び、練習します。すぐに出発しなければならない場合や、地域のサービスが停止した場合に備えて、数日分の非常食、掃除用具、水などの物資を集めておきます。

緊急時の対応
重要な書類は防水性のある容器に入れておく。パスワードで保護されたデジタルコピーを作成する。自分の財産を守る。貴重品を高い位置に移動させる。排水口や側溝の掃除をする。チェックバルブの設置。バッテリー付きの排水ポンプを検討する。

洪水の際の安全対策

Image
a car stopped at a flooded road. Sign reads warning, flood area.
  • 避難の指示があれば、すぐに避難してください。バリケードの周りを運転してはいけません。地元のレスポンダーは、浸水した地域から交通を安全に誘導するために使用しています。
  • 具合が悪くて治療が必要な場合は、医療機関に連絡してください。さらなるケアの指示を待ち、可能であればその場に避難してください。医療上の緊急事態が発生した場合は、9-1-1に連絡してください。
  • EAS、NOAAウェザーラジオ、または地域の警報システムで、洪水に関する最新の緊急情報や指示を聞くことができます。
  • 洪水の中を歩いたり、泳いだり、運転したりしないでください。そういう場合は回り道をしましょう。溺れないで!
  • 流れの速い水にかかる橋には近づかないように。急激な水の流れで橋が流されてしまうこともあるので、注意が必要です。
  • 急激に流れる水の中に車が入ってしまった場合は、車内にとどまりましょう。車内に水が溜まっている場合は、屋根に上がりましょう。
  • 建物の中に閉じ込められた場合、最高レベルの場所に移動します。屋根に上がるのは必要な時だけにして、上がったら助けを求めましょう。浸水したときに閉じ込められないように、閉め切った屋根裏には登らないでください。

洪水後の安全対策

Image
Illustration of a gloved hand cleaning up personal belongings from flood waters in their home.
  • 当局からの情報や指示に注意してください。当局が安全だと判断した場合のみ帰宅しましょう。
  • 緊急時以外の運転は避けましょう。
  • 掃除の際には厚手の作業用手袋、保護服、長靴を着用し、カビやその他のゴミを掃除する際には適切な顔面カバーやマスクを使用してください。 
  • 喘息などの肺疾患や免疫抑制を患っている人は、室内に水漏れがあったり、目や匂いでわかるようなカビが生えている建物に入らないようにしてください。子供たちは災害浄化作業に参加すべきではありません。
  • ヘビなどの動物が家の中にいる可能性があるので注意が必要です。
  • 感電死の危険性があるので注意してください。電気機器が濡れている場合や水中に立っている場合は、電気機器に触れないでください。感電防止のため、安全であれば電気を切ってください。
  • 汚染されていたり、危険なゴミが含まれている可能性があるので、洪水の中を泳ぐことは避けましょう。地下またはダウンした電力線も水を充電することができます。
  • 発電機やその他のガソリンを使う機械は、必ず屋外で窓から離して使用してください。

関連コンテンツ

Last Updated: 01/12/2022