Aerial image of a home and ranch under several feet of flood water.
Main Content

洪水

洪水は、国民間でもっとも普遍的な自然災害です。洪水は米国内すべての州および郡で起こりえます。ただし、洪水はみな同じではありません。雨季が長引いた後、あるいは大積雪の後に気候があたたまりゆっくりと洪水が広がるものもあります。そうかと思えば、鉄砲水のように、雨の兆候がまったくなく突然急速に起こるものもあります。どこに住んでいようと、特に低地、水辺やダムの下流域に住んでいる人は洪水に備えることが大へん重要な事です。たとえどんなに小さい河や乾いた川床でも、水が溢れて洪水を作ることができます。

キットを準備する

保存食、水、電池または手回しラジオ、予備の懐中電灯、電池を含む非常時供給キットを準備しておきます。ポータブルラジオを用意し、あなたの車の中に保管しておいたほうがいいかもしれません。このキットには必ず以下のものを含めるべきです:

  • 医薬品の処方箋のコピーと医療備品;
  • 寝袋、枕を含む寝具と衣料品;
  • 瓶詰めの飲料水、電池作動のラジオと予備電池、救急箱、懐中電灯;
  • 重要書類のコピー:運転免許、社会保障証、住居証明、保険証書、遺書、譲渡証書、出生および結婚証明書、税金記録その他。

プランを作成する

家族全員の準備

  • 家族非常時計画を作ります。災害が起こったとき、あなたの家族が一緒にいないこともありえますから、非常事態にお互いの連絡をどう取るか、どうやって合流するか、また何をするかを打ち合わせておくことが大事です。
  • 近所界隈の中、また遠隔地における家族の集合場所を決めておきましょう。
  • 街中での電話連絡よりも遠隔地への電話のほうがつながりやすい場合がありますから、離散家族の間で連絡をとるには、町の外へ電話したほうがいいかもしれません。
  • また、あなたの家族がよくいる場所:仕事場、保育園、学校などでの避難計画について調べておくこともよいでしょう。なにも計画がなされていなければ、あなたが自ら申し出て計画作成を手伝うことも考えてください。
  • あなたの家族の特殊なニーズも忘れずに考慮してください。
    • あなたの計画を、保育従事者やベビーシッターに知らせておきます。
    • あなたのペットの計画もつくりましょう。
  • あなたの近所のシティズンコープチャプター主催のコミュニティ非常事態対応チーム(CERT) のクラス(英語)に参加しましょう。トレーニングは更新し続けてください。

情報を得よう

洪水の危険を察知できるようにこれらの言葉を知っておきましょう。

  • フラッド・ウオッチ(洪水注意): 洪水が起こる可能性があります。NOAA天気予報ラジオ放送、商業ラジオ放送、 またはテレビで情報を得ましょう。
  • フラッシュ・フラッド・ウオッチ(鉄砲水注意): 鉄砲水が起こる可能性があります。高台に移動する準備をします。; NOAA天気予報ラジオ放送、商業ラジオ放送、 またはテレビを聞いて情報を得ましょう。
  • フラッド・ウオーニング(洪水警報): 洪水が起こっています、または間もなく起こります。;非難するよう警告されたら、即刻行動してください。
  • フラッシュ・フラッド・ウオーニング(鉄砲水警報): 鉄砲水が起こっています。;即刻その足で高台を求めて移動してください。

洪水のもっともよく起こる原因のいくつかを理解する:

熱帯暴風雨とハリケーン: ハリケーンはトリプルパンチを持っています。:強風、浸るほどの雨、空中を飛ぶ崩壊堆積物です。それらは海岸沿いに高潮をもたらし、それが何百マイルもの内陸にまで洪水を押し寄せるのです。すべての海岸付近は危険にさらされ、特定の危険度の高い都市は、2005年ミシシッピ州ニューオーリングがハリケーン・カトリーナで奪われたと同等またはそれ以上の人命を失うことにもなりかねません。

ハリケーンが熱帯暴風雨のレベルに弱まると、大雨と洪水が起こりますが、一箇所に集中した降雨のため被害が甚大になる可能性があります。2001年、熱帯暴風雨アリソンは、わずか2日間でヒューストンに30インチの降雨量をもたらし、7万軒の家屋に浸水し2,744の家庭を崩壊しました。

スプリング・トー(春の雪解け): 春期には、地面が凍っているために、解けた雪や降雨が地面の中を通って地中に入っていくことができません。30センチ立方の雪の塊は何ガロンもの水量となり、一度雪が解けたら小川や大河、湖水があふれ出ることになります。それに加え、春の嵐も同時発生した場合、深刻な春の洪水となります。

大雨: 国内で大雨による洪水のリスクが高い地域がいくつかあります。北西部はラニャーナ条件によってリスクが高くなります。ラニャーナ条件とは:雪解け、大雨、最近の山火事を含むものです。さらにまた北東部は、北東からの強風による大雨が引き起こすリスクも高いのです。

このような過度の降雨は一年中起こりうるため、あなたの財産にもリスクをもたらします。

西海岸の脅威: 西海岸の雨季は、通常11月から4月までで、大洪水と洪水リスクを高めます。しかし、洪水はいつでも起こるものです。

山火事が連続すると、その土地の景観と地形条件を大幅に変えてしまい、炎で燃え尽きた土地に大雨が降ると、泥水状態にしてしまいます。専門家によれば、そのような地域を安定させるような植生が復活するには、何年もかかるとのことです。

西海岸もまた、洪水の際に家屋を守る目的で、何千マイルもの堤防を備えています。しかし、堤防は腐食し、弱まってしまうもので、大水が押し寄せたときには横倒れになり、しばしば悲劇的な結末を及ぼすものです。

堤防とダム: 堤防はある程度の洪水を守るために設計されています。しかし、堤防は時とともに腐食せざるを得ず、そのメンテナンスは深刻な重責となっています。堤防はまた大洪水の際に横倒れになったり、壊れてしまう可能性があり、そこに堤防がなかった場合よりも甚大な損害を引き起こすこともあります。堤防のある地域にはそのように洪水のリスクが重なるため、特に中西部では、FEMAはそれらの地域の住民に洪水保険を強く推奨しています。

フラッシュ・フラッド(鉄砲水): 鉄砲水は、大岩をころがし、大木を切り倒し、ビルや橋を破壊することができるため、米国でナンバーワンの気候型キラーとされています。鉄砲水は、雷雨ひとつの場合も、それが重なった場合も、強烈な降雨により起こる、6時間未満連続して起こる低地での急速な洪水です。また鉄砲水は、人口建造物や凍ったダムの破壊から起こることもあります。

新しい開拓地: 建築工事や開拓事業により、自然の水路が変わったり、新しい洪水のリスクを起こしたりします。それは、新しいビル、駐車場、道路が作られると、大雨、ハリケーン、熱帯暴風雨からの過剰な降水量を吸収する土地が少なくなってしまうからなのです。

安全を認識しよう

  • 自分の家庭が洪水リスクにあるかどうかを調べ、洪水によって自分と家族がどんな影響をもたらすかを学びましょう。FEMAの洪水保険研究では、河の洪水、高潮、水文学的・水力分析、雨量、地形測量の統計データを編纂し、 洪水危険地図 (英語)を作り、あなたの地域がもつさまざまな洪水リスク地域を紹介しています。
  • 多くの家庭では洪水損害補償のある保険を持っていません。あなたの保険ポリシーについて保険会社と話し合い、損害保険を追加する必要があるかを検討しましょう。
  • 国民洪水保険プログラム (NFIP)では、家屋所有者が損害保険追加を必要とする場合、財政的な保護を求める手段の提供を支援します。NFIPは、NFIPに加盟する地域の家屋所有者、賃貸者、事業主に対し、洪水保険を提供しています。NFIPについてのさらに詳しい情報は、www.FloodSmart.gov (英語)でお求めください。

家庭での準備

  • あなたのお住まいの地域の洪水リスクが高ければ、ご家庭の溶鉱炉、給油器、電気パネルを高いところに移動させましょう。
  • 洪水があなたの家の排水路の中に逆行するのを防止する"チェックバルブ" を設置することを検討しましょう。
  • 可能であれば、洪水が建物の中に入るのを食い止める堤防を作り、地下の壁を防水性化合物で密封しましょう。
  • 非常時とその後に食物を安全に保つ方法を調べましょう:http://www.foodsafety.gov/keep/emergency/index.html (英語)

連邦および国家資源

以下のサイトを訪ね、洪水に際しどう計画をたてて備えるか、洪水中とその跡に何をすべきかについて補足情報を得て、どんな有効な資料があるかを知りましょう。: