U.S. flag

An official website of the United States government

Dot gov

Official websites use .gov
A .gov website belongs to an official government organization in the United States.

Https

Secure .gov websites use HTTPS
A lock ( ) or https:// means you’ve safely connected to the .gov website. Share sensitive information only on official, secure websites.

A car with a for sale sign heavily damaged by falling bricks and other debris during an earthquake

地震

事前準備

緊急時の安全確保

事後の安全確保

追加リソース

地震とは、地表の奥深くにある岩石が移動することによって起こる、突然の急激な揺れのことです。地震は、火災、津波、地滑り、雪崩などを引き起こします。地震はどこでも警告なしに起こる可能性がありますが、地震のリスクが高い地域は、アラスカ、カリフォルニア、ハワイ、オレゴン、プエルトリコ、ワシントン、そしてミシシッピ川流域全体です。

地震の前に備える

feature_mini img

災害への備えは、起こる前が一番です。

  • 家族や同僚と「Drop, Cover, Hold On」(ふせ! まもれ! つかめ!)の練習をしましょう。
  • 緊急時の計画を立てる家族の緊急連絡計画を作成し、州外の連絡先を決めておきましょう。離れ離れになったときの集合場所を計画しましょう。数日分の食料と水、懐中電灯、消火器、ホイッスルなどを入れた用品キットを作りましょう。
    • 準備をしておけば、不要な遠出をせずに済みますし、軽度の医療問題は自宅で対処でき、緊急医療センターや病院の負担を軽減することができます。
    • 誰もが必需品を買いだめして対応する余裕があるわけではないことを忘れないでください。余裕のある方は、必要なものを購入し、少しずつ物資を増やしていきましょう。
  • 自宅を守る:本棚、冷蔵庫、給湯器、テレビ、壁にかかっているものなど、家の中の重いものはしっかりと固定しましょう。重いものや壊れやすいものは、低い棚に収納。
    • 地震で建物が倒壊する可能性のある構造上の問題を解決するために、建物の改良を検討してください。
    • 地震保険の加入を検討しましょう。標準的な住宅所有者の保険は地震による被害をカバーしていません。

緊急時の安全確保

feature_mini img

地震が起きたら、すぐに自分の身を守りましょう:

  • 車に乗っている場合は、車を止めて停車してください。パーキングブレーキをかけます。
  • ベッドで寝ている場合は、下を向いて頭と首を枕で覆います。
  • 屋外にいる場合は、建物から離れた場所にいましょう。
  • 屋内にいる場合は、外に飛び出さずに留まり、出入り口を避けてください。

地震から身を守る

Image
ドロップ、カバー、ホールド

1.ふせる(固定する)

どこにいても、両手と両膝をついて、丈夫なものにつかまってください。シート付きの車いすや歩行器を使用している場合は、車輪がロックされていることを確認し、揺れが収まるまで座ったままにしてください。

2.COVER!(まもれ!)

頭と首を腕で覆いましょう。丈夫なテーブルや机が近くにあれば、その下にもぐって避難します。避難所が近くにない場合は、室内の壁際に這いつくばって(窓から離れて)避難します。より多くの破片があるエリアを通過せずに、より良いカバーに到達できる場合にのみクロール(這いつくばり)します。臓器を守るために、膝をついたり、体を曲げたりしてください。

3.HOLD ON!(つかまれ!)

テーブルや机の下にいる場合は、片手で持って、動く場合は一緒に動く準備をしてください。座っていて床に落ちることができない場合は、前に曲がり、頭を腕で覆い、両手で首をつかみます。

杖をお使いですか?

Image
ドロップ、カバー、ホールド

ウォーカーを使用していますか?

Image
ドロップ、カバー、ホールド

車椅子を使用していますか?

Image
ドロップ、カバー、ホールド

事後の安全確保

feature_mini img

地震の後には、建物の損傷、ガスや水道の漏れ、送電線の断線など、重大な危険が発生する可能性があります。

  • よく触る表面や物を持った後は、石鹸と水で手を洗います。手を洗えない場合は、60%以上のアルコールを含む手指消毒剤を使用してください。
  • 地震の本震の後には、余震が発生することもあります。余震を感じたら、Drop, Cover, Hold Onの準備をしてください。
  • 被災した建物の中にいる場合は、外に出て速やかに建物から離れてください。被災した建物には入らないでください。
  • 閉じ込められたときは、メールを送ったり、パイプや壁を叩いたりしてください。シャツで口を覆って保護し、叫ぶ代わりに笛を使います。
  • 津波が発生する可能性のある地域にいる場合は、揺れが収まったらすぐに内陸部や高台に移動してください。洪水には化学物質や下水、瓦礫などが含まれている可能性があるため、洪水との接触は避けてください。
  • 怪我をしていないかどうか自分で確認し、訓練を受けた人は他の人を助けましょう。助けが到着するまで他の人を助ける方法を学びましょう。
    • 病気やケガで治療が必要な場合は、医療機関に連絡して指示を仰いでください。医療上の緊急事態が発生した場合は、9-1-1に連絡してください。
feature_mini img

安全を確保した後は、電池式のラジオやテレビ、ソーシャルメディア、携帯電話のテキストアラートなどで、緊急情報や指示を伝えるローカルニュースに注意してください。

  • アメリカ赤十字社のウェブサイト「Safe and Well」に登録すると、自分が無事であることを周囲に知らせることができます。
  • テキストメッセージを使用して通信します。これは、電話よりも信頼性が高い場合があります。
  • 掃除の際には注意が必要です。長袖シャツ、長ズボン、作業用手袋、丈夫な厚底の靴などの保護服を着用してください。重いゴミを自分で取り除こうとしないでください。他の人と一緒に作業するときは、マスクを着用し、少なくとも6フィートの物理的な距離を保ちます。カビやその他のゴミを掃除する場合は、適切なマスクを使用してください。喘息などの肺疾患や免疫抑制を患っている人は、室内に水漏れがあったり、目や匂いでわかるようなカビが生えている建物に入らないようにしてください。子供たちは災害浄化作業に参加すべきではありません。

追加リソース

動画

ソーシャルメディアとグラフィック

ヒントシート

その他の詳細

Last Updated: 01/25/2022

Return to top