Dot gov

Official websites use .gov
A .gov website belongs to an official government organization in the United States.

Https

Secure .gov websites use HTTPS
A lock ( ) or https:// means you’ve safely connected to the .gov website. Share sensitive information only on official, secure websites.

ocean waves in a storm

ハリケーン

 

ハリケーンは危険であり、⾼潮、⾵害、洪⽔のために⼤きな損害を引き起こす可能性があります。それらは⽶国の沿岸に沿って、または⼤西洋または太平洋の海の任意の領域で発⽣する可能性があります。暴⾵⾬は歴史的に⽶国におけるハリケーン関連の死の主要な原因です。

illustraton of east coast of US
東太平洋ハリケーンシーズン: 5⽉15⽇~11⽉30⽇。
illustraton of west coast of US
⼤西洋ハリケーンシーズン: 6⽉1⽇~11⽉30⽇。
illustraton of west coast of US
中央太平洋ハリケーンシーズン: 6⽉1⽇~11⽉30⽇。

ハリケーンに備えましょう

ハリケーンのリスクを知る

ハリケーンは単なる沿岸の問題ではありません。お住まいの地域で⾬、⾵、⽔がどのように発⽣するかを調べて、 今すぐ準備を始めましょう。COVID-19が計画にどのように影響するかを必ず考慮してください。ハリケーンの影響からの最良保護は、2019年からスタートしたコロナウイルス病(COVID-19)などの病気からの最良保護とは異なる場合があることに注意してください。

緊急時計画を⽴てる

ご家族全員が ご⾃宅のハリケーン対策計画を知っていて、理解していることを確認してください。 コロナウイルス(COVID-19)に関する最新のCenters for Disease Control(CDC)のガイダンスと、 それがハリケーン対策計画にどのように影響するかについて話し合ってください。 オフィス、⼦供の保育所など、頻繁に⾏く場所に対する計画も⽴てましょう。 COVID-19

避難ゾーンを知る

リケーンによってすぐに避難しなければならない場合があります。 ご⾃⾝に合った避難経路を学び、家庭やペットと⼀緒に練習し、避難場所を特定します。 

  • 州、地⽅、部族、および領⼟の機関やパートナーと緊密に連携する地元の緊急事態管理者からの指⽰に従ってください。お住いのコミュニティへの脅威と適切な安全対策に基づいて最新の推奨事項を提供します。
  • COVID-19によってスペースが限られているため、公共の避難所はあなたとあなたの家族にとって最も安全な選択ではないかもしれません。必須避難区域に住んでおらず、安全な場所に位置する場合は、家で避難する計画を⽴ててください。⾃宅で避難できない場合は、友⼈や家族と⼀緒に避難する計画を⽴ててください。そちらの⽅が安全で快適です。
  • 今年は通常のシェルターが開いていない可能性があります。公共の避難所に関する最新情報については、地⽅⾃治体に確認してください。
  • 公共の避難所に避難する必要がある場合は、⼿指消毒剤、洗浄剤、1⼈あたり2枚の マスク など、COVID-19から⾃分や他の⼈を保護するのに役⽴つアイテムを⽤意してください。2歳未満の⼦供や呼吸困難の⼈はマスクを着⽤しないでください。
  • CDCの 「COVID-19パンデミックの間に公共災害シェルターを訪問する⼿順」のガイドラインを確認してください。 

障がい者に関する事項

ご⾃⾝または家族メンバーが 障害者 である場合、緊急時に追加⽀援が必要であるかどうか確認してください。

ビジネスにおける準備

災害が発⽣した場合でも事業を継続するための 継続計画 を事前に⽴ててください。

警告とアラートを認識

アラートを受信する⽅法はいくつかあります。 FEMAアプリをダウンロード して、 National Weather Serviceから全国最⼤5か所のリアルタイムアラートが受信可能です。 お住まいの地域のコミュニティアラートにサインアップ し、サインアップを必要としない緊急警報システム(EAS)とワイヤレス緊急警報(WEA)に注意してください。

COVID-19の蔓延を防ぐために、 電⼦メールの更新 にサインアップし、疾病管理予防センター(CDC)および地⽅⾃治体からのコロナウイルスに関する 最新のガイドライン に従ってください。

重要⽂書を確認

保険証券やIDなどの個⼈⽂書 が最新であることを確認してください。コピーを作成し、パスワードで保護された安全なデジタルスペースに保管します。

ご⾃宅を強化

排⽔溝やガターを整理したり、屋外の家具を家の中に持ち込んだり、ハリケーンシャッターを検討しましょう。

技術的な準備

ハリケーンが予測されている際は特に携帯電話を充電しておき、電⼦機器に電⼒を供給するバックアップ充電デバイスを購⼊しておきましょう。

近所の助けとなる

ご近所、 ⾼齢者、またはハリケーン計画の⽴案において さらに⽀援が必要な可能性のある⼈ をご⾃⾝がどのように⽀援できるか確認してください

物資を集める

家庭に⼗分な物資 を⽤意します。これには、医薬品、消毒薬、 マスク、, ペット⽤品 をバッグや⾞のトランクに⼊れます。ハリケーンの後、これらの物資に数⽇または数週間 ア クセスできない場合があります。COVID-19

  • 準備を整えることで、不必要な遠⾜を避け、⾃宅で軽微な医療問題に対処し、緊急治療センターや病院の負担を軽減できます。
  • 誰もが必需品を備蓄することで対応する余裕があるわけではないことを覚えておいてください。余裕がある場合、必要な物資を時間かけて購⼊して在庫を確保し、余裕を⾒て買い物をしましょう。これは、パンデミックの前に必需品を調達できず、より頻繁に買い物をしなければならない⼈々がよりスムーズに買い物ができることを促進します。また、WIC承認製品を頼りにしている⽅々がいるため、これらの製品を買う必要がない場合は控えましょう。

ハリケーン中の安全確保

illustration of alert

最新情報を⼊⼿

  • 緊急情報とアラートを聞きましょう。
  • 強制避難区域に住んでいて、地元当局から避難指⽰があった場合は、すぐに避難してください。
illustration of flood

天候への対応

  • 強⾵や洪⽔から⾝を守るための最善の⽅法を決定しましょう。
  • 指定されたストームシェルター、または強⾵のための室内に避難しましょう。 COVID-19の蔓延を防ぐために、Centers for Disease Control and Prevention(CDC)と州および地⽅⾃治体の 最新ガイドライン に従いながらこれらの場所に⾏く練習をしてください。 
  • 洪⽔によって建物に閉じ込められた場合は、建物の頂上に移動します。閉じた屋根裏部屋に登らないでください。洪⽔の⽔位の上昇に巻き込まれる可能性があります。
  • 洪⽔の中を歩いたり、泳いだり、⾞を運転したりしないでください。巻き返しましょう。溺れないように気を付けましょう!わずか6インチの⾼速な⽔流によって⾜場が不安定になったり、1フィートの⽔流によって⾞が⼀掃されかねません。
  • ⾼速な⽔流上の橋には近寄らないでください。
illustration of person wearing a mask

個⼈の安全

  • コミュニティまたはグループシェルターに⾏く必要がある場合は、COVID-19から⾃分と家族を保護するために、Centers for Disease Control and Prevention(CDC)の最新のガイドラインに従ってください。COVID-19の結果としてスペースが限られているため、必須の避難区域に住んでいない場合は、⾃宅の適切な場所に避難することをお勧めします。強制避難ゾーンに住んでいる場合は、友達や家族と⼀緒に避難できるかどうかを確認してください。⾃宅や家族、友達と⼀緒に避難できない場合にのみ避難してください。必ず以前の避難計画を⾒直し、COVID-19の蔓延を防ぐために社会的および物理的な距離を維持するための代替オプションを検討し、それに応じて計画を更新してください。 COVID-19
  • 避難所にいる間は、近親者ではない⼈との間にできるだけ少なくとも6フィートを維持します(群集やグループの集まりを避ける)。 COVID-19
  • 避難する必要がある場合、できれば⼿持ちの消毒剤、洗浄剤、1⼈あたり マスク 2枚など、COVID-19からシェルター内で⾃分や他の⼈を保護するのに役⽴つアイテムを⽤意してください。2歳未満のお⼦様、呼吸困難の⽅、⾃分でマスクを外せない⽅は着⽤しないでください。
  • 病気で治療が必要な場合は、可能であれば、ご⾃⾝の医療プロバイダーに連絡して医療指⽰に従い、屋内退避しましょう。医療上の緊急事態が発⽣した場合、9-1-1に電話して、COVID-19を患っている、またはその可能性があるかどうかをオペレーターに知らせてください。可能であれば、助けが到着する前にマスクを着⽤してください。避難所や公共施設に滞在している場合は、すぐに避難所のスタッフに警告して、地元の病院や診療所に電話してもらいましょう。
  • 発電機は屋外で窓から離してのみ使⽤してください。

ハリケーン後の帰宅

  • 情報や特別な指⽰については、地⽅当局に聞いてください。
  • 掃除する際は注意しましょう。防護服を着⽤し、カビやゴミ, を掃除する場合は適切なフェイスカバーまたはマスクを使⽤し、他の⼈と作業するときは少なくとも6フィートの物理的な距離を維持してください。 喘息やその他の肺疾患および/または免疫抑制 のある⼈は、たとえカビに対するアレルギーがなくても、屋内に⽔漏れやカビの発⽣が⾒られたり臭いがしたりする可能性のある建物に⼊らないでください。児童は災害クリーンアップ作業に参加すべきではありません。
  • COVID-19やその他の感染症から⾝を守るために、頻繁に⼿を洗ったり、よく触れる表⾯を掃除したりしてください。
  • 防護服を着⽤し、他の⼈と協⼒してください。
  • 濡れている場合や⽔中に⽴っている場合は、電気機器に触れないでください。安全である場合は、感電を防ぐためにメインブレーカーまたはヒューズボックスの電源をオフにしてください。
  • 危険な破⽚が含まれている可能性がある洪⽔中を歩くことは避けてください。地下または停電した送電線も⽔を帯電させる可能性があります。
  • 電話は緊急事態のみかけましょう。災害後、電話システムはダウンしたりビジーになったりすることがよくあります。テキストメッセージまたはソーシャルメディアを使⽤して、家族や友⼈と通信しましょう。
  • 物的損害を写真で記録します。必要である場合、保険会社に連絡しましょう。
  • 家族、友⼈、隣⼈が⾃分の気持ちについて誰かと話す必要があるかもしれない場合、⼼理的サポートを提供しましょう。多くの⼈々はすでにコロナウイルス2019(COVID-19)に対する恐怖と不安を感じているかもしれません。ハリケー ン の脅威は、さらなるストレスを加える可能性があります。 外傷性事変COVID-19におけるストレスの管理については、CDCガイダンスに従ってください。ご⾃⾝も気持ちを整理するために誰かと話す必要性が出てくる可能性もあります。ストレス、不安、悲しみに対処するために助けが必要な場合は、友⼈、家族、または専⾨家に連絡することを恐れないでください。

動画

画像

ヒント

その他詳細

Last Updated: 10/22/2020