Dot gov

Official websites use .gov
A .gov website belongs to an official government organization in the United States.

Https

Secure .gov websites use HTTPS
A lock ( ) or https:// means you’ve safely connected to the .gov website. Share sensitive information only on official, secure websites.

ocean waves in a storm

ハリケーン

ハリケーンに備える

安全確保

帰宅方法

追加リソース

あなたの言語のハリケーン

飓风 | SiklònOuragans | तूफान | ハリケーン | 허리케인 | Furacões | Huracanes | Mga Bagyo | Bão

ハリケーンは危険であり、高潮、風害、離岸流、洪水のために大きな被害を引き起こす可能性があります。それらは、米国の海岸沿い、または大西洋または太平洋の任意の領域で発生する可能性があります。高潮は、歴史的に米国におけるハリケーン関連の死亡の主な原因です。

feature_mini img

東太平洋ハリケーンシーズン:5月15日〜11月30日。

feature_mini img

大西洋ハリケーンシーズン:6月1日〜11月30日。

feature_mini img

中部太平洋ハリケーンシーズン:6月1日〜11月30日。

ハリケーンに備える

ハリケーンのリスクを知る

ハリケーンは沿岸部だけの問題ではありません。ハリケーンやトロピカルストームが上陸する場所から遠く離れた内陸部で、雨、風、水、さらには竜巻がどのように発生するかを調べます。今すぐ準備を始めましょう

緊急時の計画を立てる

家族全員がハリケーン対策を知り、理解していることを確認してください。ハリケーンプランには、オフィスや子供の保育園など、あなたがよく行く場所を入れておきましょう。災害発生時に事業を継続するために、事業継続計画を策定しましょう。

コロナウイルス(COVID-19)に関する米国疾病対策センター(CDC)の最新のガイダンスと、それがハリケーン対策にどのような影響を与えるかについてディスカッションを行いましょう。

避難場所を知る

避難区域に住んでいると、ハリケーンのためにすぐに避難しなければならない場合があります。避難経路を学び、家庭やペットと一緒に練習し、どこに滞在するかを特定します。 

  • 州、地方、部族、および領土の機関やパートナーと緊密に連携している地元の緊急事態管理者からの指示に従ってください。彼らは、あなたのコミュニティに対する脅威と適切な安全対策に基づいた最新の推奨事項を提供します。

警告・警報を見分ける

アラートを受信する方法はいくつかあります。FEMAアプリをダウンロードして、米国国立気象局から全国最大5か所のリアルタイムアラートを受信します。お住まいの地域のコミュニティアラートに登録し、Emergency Alert System (EAS)やWireless Emergency Alert (WEA)(登録不要)にも注意してください。

障害のある方

あなたまたはあなたの世帯の誰かが障害のある個人である場合は、緊急時に追加の支援が必要かどうかを確認してください。

重要なドキュメントを確認する

保険証書や身分証明書などの個人書類が最新のものであることを確認します。コピーを作成し、パスワードで保護された安全なデジタルスペースに保管してください。

住まいの強化

排水溝や側溝を整理し、屋外の家具を持ち込み、ハリケーンシャッターを検討します。

テクノロジーへの対応

ハリケーンが予測されていることがわかっている場合は、携帯電話を充電したままにして、電子機器に電力を供給するためのバックアップ充電デバイスを購入してください。

近所の助け合い

近所の人、高齢者、またはハリケーン計画を確保するために追加の支援が必要な人に、あなたが他の人をどのように支援できるかを確認してください

物資を集める

薬、消毒液、マスクペット用品など、家庭に必要なものをバッグや車のトランクに十分に入れておきましょう。ハリケーンの後、数日または数週間もこれらの物資にアクセスできない場合があります。

  • 誰もが必需品を買いだめして対応する余裕があるわけではないことを忘れないでください。余裕のある方は、必要なものを購入し、前もって少しずつ蓄えておくことで、買い物の間隔を長くとることができます。これにより、事前に必需品を調達できず、頻繁に買い物をしなければならない人を守ることができます。あなたとあなたの家族が必要とするかもしれないアイテムだけを持っていって、これらの製品に依存している他の人もそれらにアクセスできるようにしてください。

ハリケーン中の安全を確保する

feature_mini img

最新情報を入手

  • 緊急情報とアラートに注意してください。
  • 強制避難区域に住んでいて、地元当局から避難するように言われた場合は、すぐに避難してください。
feature_mini img

天気への対処

  • 強風や洪水から身を守るための最善の方法を決定します。
  • 指定された防風シェルター、または強風のための室内に避難してください。
  • 洪水で建物内に閉じ込められた場合は、建物の一番高い階に移動します。閉じた屋根裏部屋に登らないでください。洪水の上昇によって閉じ込められる可能性があります。
  • 洪水の中を歩いたり、泳いだり、運転したりしないでください。そういう場合は回り道をしましょう。溺れないで!流れの速い水の場合、わずか6インチの水流で人間が転倒したり、1フィートの水流で車が流されることもあります。
feature_mini img

個人の安全

  • やむを得ずコミュニティやグループで避難する場合は、米国疾病管理予防センター(CDC)が発表したCOVID-19から自分や家族を守るための最新の推奨事項に従うことを忘れないでください。必ず以前の避難計画を確認し、COVID-19の蔓延を防ぐために物理的な距離を維持するための代替オプションを検討し、それに応じて計画を更新してください。 
  • 避難しなければならない場合は、可能であれば、手指消毒剤、洗浄剤、清潔でフィット感のある2層以上のマスクを1人2枚など、自分や避難所にいる人をCOVID-19から守るのに役立つアイテムを持参してください。

ハリケーン後の帰宅

  • 情報や特別な指示については、地元の役人に注意を払ってください。
  • クリーンアップ中は注意してください。保護服を着用し、カビやその他の破片を掃除する場合は適切なフェイスカバーまたはマスクを使用し、他の人と作業している間は少なくとも6フィートの物理的距離を維持してください。喘息などの肺疾患や免疫抑制のある方は、カビに対するアレルギーがなくても、室内で水漏れや目や匂いでわかるカビが繁殖している建物に入らないようにしてください。子供たちは災害浄化作業に参加すべきではありません。
  • 頻繁に手を洗ったり、よく触れる表面を掃除したりするなど、COVID-19やその他の感染症から身を守るための措置を引き続き講じてください。
  • 保護服を着用し、他の人と協力してください。
  • 電気機器が濡れている場合や水中に立っている場合は、電気機器に触れないでください。安全に使用できる場合は、感電を防ぐためにメインブレーカーまたはヒューズボックスの電気をオフにしてください。
  • 病気の原因となる危険な病原体、瓦礫、化学物質、廃棄物、野生生物などが含まれている可能性のある洪水の水をかき分けてはいけません。地下またはダウンした電力線も水を充電することができます。
  • 電話の使用は緊急時のためにとっておきましょう。電話システムは、災害後にダウンしたり、ビジー状態になったりすることがよくあります。テキストメッセージやソーシャルメディアを使用して、家族や友人とコミュニケーションを取りましょう。
  • 物的損害については、写真で記録します。保険会社に連絡して支援を求めてください。
  • ビデオや電話を通じて、コミュニティと事実上関わりましょう。不安やストレスを感じるのは普通のことです。自分の体を大切にして、気分が優れない場合は誰かに相談しましょう。多くの人々はすでにコロナウイルス2019(COVID-19)に対する恐怖と不安を感じているかもしれません。ハリケーンの脅威は、さらなるストレスを加える可能性があります。外傷性イベント時のストレス管理COVID-19時のストレス管理に関するCDCのガイダンスに従ってください。

追加リソース

動画

グラフィックス

ヒントシート

その他の詳細

Last Updated: 09/17/2021