火山

米国の活火山で、将来噴火の恐れのあるものは、主にハワイ、アラスカ、太平洋岸北西部にあります。火山の溶岩に圧力が蓄積されると、火山は噴火し、溶岩流が流れ出し、毒ガスが発生し、岩が飛び、風に乗って数百マイルもの距離を飛ぶことものある灰ができます。

  • 地方の緊急対策事務局の指示に従ってください。
  • 避難経路を含むコミュニティーの警戒システムおよび災害対策を把握しておいてください。
  • 迅速に避難し、 携帯用の応急セットを所持する計画を立ててください。
  • 応急セットにあなたの鼻および口を保護する 特殊ゴーグルか何かを何かを加えるなど、事前に準備してください。家族全員分の鼻や口を覆うものも用意してください。
  • もし、避難することができなくて、それが、降ってくる灰から身を守るためだった場合は、灰が治まるまで家の中にいて、ドア、窓、換気装置を閉めておかなければなりません。

情報を常に入手する

地方自治体は、事態の状況やあなたが取るべき対処に関する情報を迅速に提供できないかもしれません。しかし、NOAA Weather Radio を聴いたり、役立つ官制報道情報や自治体の指示をテレビ、ラジオを通じて視聴したり、インターネットを頻繁にチェックしてください。火山爆発を取り扱っている追加情報については、 www.redcross.org および/または http://www.fema.govを参照してください。