Medical professional handling testing equipment

インフルエンザの蔓延

今はインフルエンザの蔓延に備えることができるようになりました。インフルエンザ蔓延発生中に起こりうることの規模の偉大さ、そしてそれが自分と家族に及ぼす影響を最小限にとどめるためにできることを、あなたは知っておくべきです。このチェックリストは、インフルエンザ蔓延の際に、あなたが必要な情報資料を集めるのに役立つでしょう。

蔓延を想定して計画する:

  • 2週間分の水と食品を保管します。蔓延中、店に行くことができない、あるいは店の在庫する品物が切れてしまったという場合に、自分の手元に予備の供給をもっておくことが大事です。これは他の、停電や大惨事などの非常事態でも役に立ちます。
  • あなたが通常必要とする処方薬を定期的にチェックし、家に充分な供給量が常にある状態にしておきましょう。
  • 痛み止め、胃腸薬、咳止め、風邪薬、電解質の溶液、ビタミン剤などの処方箋の要らない薬や健康供給品を手元に置いておきましょう。
  • 家族全員で、自分たちが病気になったらどう介護されるか、また家庭でどんなケアが必要とされてるかを話し合います。
  • 地域団体にボランティアとして参加し、非常時対応を準備し援助しましょう。
  • インフルエンザ蔓延にそなえ準備するために働く地元の団体に積極的にかかわりましょう。

細菌が広がるのを制限し、感染を防ぐ

体を接近しないようにする。

  • 病気の人たちに接近しないようにします。自分が病気になったら、他の人との距離を保ち、彼らも病気にならないようにします。

病気になったら家で養生しましょう。

  • できることなら、病気のときは仕事、学校、その他の用事から離れ、家から出ないようにします。あなたの病気を他の人に移さないようにしてあげるのです。

自分の鼻と口を覆う。

  • 咳やくしゃみをするときは口と鼻を覆いましょう。あなたの周りの人が病気になるのを防ぐことになります。

両手を洗浄する。

  • しょっちゅう両手をあらうことにより、自分をばい菌から守ることになります。

自分の目、鼻、口を手で触らないようにしましょう。

  • 病原菌は、しばしば人がそれに汚染したものに触り、その目や鼻や口に触ったときに広がるのです。

その他の健康的な習慣を身につける。

  • 睡眠時間を充分にとり、身体の運動をよく行い、ストレスをコントロールし、水分を充分に取り、栄養価のある食品を摂取しましょう。

健康的な習慣を促進する印刷物

更に詳しい情報

インフルエンザ蔓延に備え対応する情報をさらに得るには、米国保健社会福祉サービスのウエブサイト www.pandemicflu.gov (英語)で。